仮想通貨用語集(タ行~)



ターゲット(target)

difficulty(採掘難易度)の算出元となる256ビットのデータです。
difficultyは、最大のターゲットを現在のターゲットで割ったものですから、ターゲットが低いとdifficultyは高くなります。

鋳造(minting):ちゅうぞう

PoSにおける、採掘(マイニング)の事です。
実際のマイニングと少し異なるのは、仕事を行う事なくコンピューターで非常に簡単な手順でコインを鋳造出来るので、報酬は利子に例えられる事もあります。

Difficulty(採掘難易度)

仮想通貨において、採掘によりブロックを生成するする難易度のことをいいます。

デジタル署名

公開鍵暗号を使った電子署名のことです。
第3者は、公開されている鍵とデジタル署名及び本文から相手が(署名した)本人であることと本文が改竄されていないことを確かめられます。

ナンス(Nonce)

ハッシュを使って認証する時に、なりすましを防御するために用いる文字列や数字列のことです。

ノード

ネットワーク上の中継点、または拠点の意、ネットワークに接続されている機器をいうこともあります。

ハッシュ(Hash)

あるデータを変換して得られる固定長のデータです。
ただし、逆変換で元の文字に戻すことは、ハッシュでは、ほとんど不可能です。

ハッシュレート

マシンの計算速度の単位で、採掘速度ともいいます。
hash/s(1秒間に1ハッシュの計算)という単位が使われます。

P2P

ネットワーク上で、サーバーを経由しないクライアント同士が接続している状態をいいます。

BTC(XBT)

ビットコインの通貨単位で、最小単位は0.00000001 BTC = 1 satoshiと決められています。

ビットコイン(Bitcoin)

Satoshi Nakamotoという人物の論文を元に作られた世界初の仮想通貨です。
取引所で現金や他の仮想通貨と交換でき、対応店舗で決済に使うこともできます。
決済手数料が極めて安価で、マイニング(採掘)という作業により報酬を得る事が可能です。

秘密鍵(Private key)

公開鍵暗号における公開鍵の復号に使用する秘密の鍵です。
ビットコインにでは、アドレスから送金する時に必要とされるパスワードに近いものです。
秘密鍵を知られなければ、コインを盗まれる可能性は限りなく0に近くなります。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)

ビットコインを使った決済で、その決済の正しさを検証する仕組みのひとつです。
この検証に協力することをマイニング(発掘)といって、報酬としてビットコインが貰えます。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

ビットコインで使われている認証方式です。
PoS同様、認証の検証に参加しますとビットコインの報酬が貰えます。

ブロードキャスト

自分で作成したビットコインの取引データをビットコインネットワークに送信することをいいます。
P2Pによって、数秒ありますと世界中で参加している人々に、送信したデータが広がっていきます。
ビットコインは、参加者全員が共通の全取引データ(ブロックチェーン)を閲覧できますので、どこの誰がどんな取引をしたかが誰にでもわかるようになっています。

ブロック

仮想通貨取引のデータ上の単位です。ブロックがいくつも連なったものをブロックチェーン(全取引データ)といいます。
ビットコインでは、、10分間に1ブロックが生成されるような設定になっているますので、1ブロックには10分間に行われた世界中全ての取引情報を含んでいる事になります。
ブロックの生成量に上限はありません。従いまして、コインの発行上限に達したとしてもブロックは生成され続けます。

ブロックチェーン

ビットコインの全取引データのことです。
ブロックの項を参照して下さい。

プロトコル(通信プロトコル)

ネットワーク通信で使われる通信手順のことです。
複数の主体が滞りなく信号やデータ、情報を相互に送受信できるように、あらかじめ決められた約束事や手順などを定めておきますと、それを使うことで正常な通信を行えるようになります。
言語と同じで、対応しているプロトコルが異なると互いに通信することができません。

マイナー(採掘者)

マイニングを行う人のことです。

マイニング(採掘)

新しいブロックを生成して、その報酬としてビットコインを手にすることをいいます。
実際には、計算機を利用して数学的な計算をして、特定の条件を満たす答え(解)をみつけます。
このマイニングは、ビットコインのネットワークの安全性を担保する元になっています。そして、ビットコインが自己完結しているためには、かかせない仕組みです。

マルチシグネチャ(multisignature)

マルチシグネチャのアドレスは、普通のアドレスと違って、ビットコインを送る時に複数の署名が必要です。
必要な署名の数は、3/4のように表記されます。この場合には、事前につくられた4つのプライベートキーの中から3つのキーを使った署名が必要だといういみです。
これは、1つのキーが漏洩しても他のキーが知られていなければ、不正に送ることができないというビットコインのセキュリティーを担保する最新の技術です。





  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

プロフィール

 

はじめまして
当サイトの編集長、佐藤伸一と申します。

以下に簡単な経歴や可能な業務などを記載しておりますので、ご覧ください。

経歴

都内でスポーツトレーナー、カイロプラクターとして約30年活動し、その後、プログラミングスキルを活かして独立する。

2015年合同会社クイッククリエイト設立

2018年までWEB制作、SEO対策、企画運営、整体·カイロプラクティック院の運営コンサルティング、企業コンサル、セミナー講構師、アプリ開発、電子書籍開発に携わる。

現在の業務内容

現在、主に行っている業務としましては、

上記の業務に加えて、個人コンサル、有料オンラインサロンの経営などをしております。

詳細はこちらをご覧ください。