仮想通貨「リップル」とは?



リップルはビットコインなどと同じように仮想通貨として扱われますが、XRP(リップル)というブリッジ通貨を用いるという点で異なっています。
通貨やもの、あるいはほかの仮想通貨を預けることのできる、銀行口座のようなものだと考えれば分かりやすいでしょう。
送金がごく短時間で行えるという点で優れています。
この銀行口座のようなものをウォレットと呼びます。
ウォレットは自分専用の銀行だと考えれば分かりやすいです。
預金ができるというのは当然のことですが、それ以外に大事な機能として為替取引や送金なども行われます。
リップルのネットワークには様々なものが上場されていて、取引が行えるようになっています。
ですから、このネットワークは、為替市場のようなものだと考えれば分かりやすいでしょう。
通貨としてはドルやユーロなどの取引が可能ですし、それ以外にもビットコインなども取引が可能です。

なぜXRP(リップル)を経由するのか?

XRP(リップル)は様々な現実通貨や仮想通貨と取引できるのですが、それら現実通貨や仮想通貨の中では中立的な存在にあたります。
例えば、日本円からUSドルに両替をする時を考えてみると、まず日本円からXRPに交換して、さらにXRPからUSドルに交換するという形になります。
このときXPRが中立的なものとして働くことで取引ができるのです。
それでは、なぜわざわざ回りくどくXRP(リップル)を経由しなければいけなのでしょうか?これは円(JPY)やドル(USD)が、それぞれ異なるゲートウェイによって発行された仮想通貨だからです。
つまり、円を発行するゲートウェイとドルを発行するゲートウェイが別々の会社であるために、円からドルと直接変換出来ないのです。

ゲートウェイについて理解を深めよう

実際に日本円を預ける場合を考えてみましょう。
その前に、もう少しゲートウェイについて理解することが必要になります。
ゲートウェイとは、リップルを利用するための窓口なようなものだと考えれば分かりやすいです。
リップルのネットワークではXRPを介して様々な通貨や仮想通貨と交換ができるのですが、まずはそのネットワークのなにがしかの仮想通貨を手に入れなければなりません。
この際の窓口となるのがゲートウェイです。
ゲートウェイに対して現実通貨の日本円を預けると、そのゲートウェイはネットワーク内で使うことのできるJPYという仮想通貨を発行して、その仮想通貨がウォレットに送金されます。
ここで注意しておかなければならないのは、JPYというのは、あくまでも仮想通貨であって、日本銀行が発行している日本円とは異なるという点です。
日銀が発行する日本円と同等の価値を持つことになっている仮想通貨なのです。
現実の日本円と(日本円以外の通貨でも同じですが)、リップルのネットワークで使うことのできるJPYという暗号通貨の橋渡しをするのがゲートウェイの働きだと言えるでしょう。
ですから、例えば同じような仮想通貨であるビットコインをほかのものに交換したい場合には、やはりゲートウェイを通じて行うことになります。
仮想通貨にはほかにもビットコインやライトコインなどいろいろなものがありますが、ここまでのことを考えれば、その違いが分かるはずです。
ほかのものは、原則としてそれ自身が通貨のようなものとして用いられます。
ですから、例えばビットコインで支払いをすると言ったことも可能です。
しかし、リップルの場合にはそれとは違っていて、ゲートウェイを介して現実の通貨と交換されるという違いがあります。
現実通貨との交換についてですが、これは運営元が保証するという点で異なります。
例えばリップルのJPYから日本円に交換するときには、それが需給要因などによって決まるのではなくて、基本的には1JPYを1円に交換することを運営元が保証しているのです。
この仕組みがあることによって、現実の通貨との交換が保証されていると言えるでしょう。
実際に使うためには、まずリップルのアカウントを作成しておく必要があります。
そして、ゲートウェイに依頼して、現実の通貨を仮想通貨に交換してもらいます。
このとき、すぐにXRPに交換してくれるのではなくて、仮想通貨の中で日本円に対応したJPYに交換されて、それがウォレットに入金されます。
XRPを求めているのならば、JPYからXRPに交換することが必要となります。
この流れの中では、ゲートウェイという窓口を回することが必要となりますが、そのゲートウェイに送金するために現実の銀行が必要となります。
例えば、ネット銀行から取引をしようと考えているのなら、まずネット銀行からゲートウェイに送金をし、そしてそのゲートウェイでJPYに交換してもらうことになります。
出金の際も同じで、JPYを交換するのなら、ゲートウェイでその操作を行い、そしてゲートウェイからネット銀行へと送金されることになるのです。
日本円を扱っているゲートウェイは複数ありますが、どのゲートウェイも1JPY=1円で交換してくれます。
手順はゲートウェイに異なっています。

続く




  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

プロフィール

 

はじめまして
当サイトの編集長、佐藤伸一と申します。

以下に簡単な経歴や可能な業務などを記載しておりますので、ご覧ください。

経歴

都内でスポーツトレーナー、カイロプラクターとして約30年活動し、その後、プログラミングスキルを活かして独立する。

2015年合同会社クイッククリエイト設立

2018年までWEB制作、SEO対策、企画運営、整体·カイロプラクティック院の運営コンサルティング、企業コンサル、セミナー講構師、アプリ開発、電子書籍開発に携わる。

現在の業務内容

現在、主に行っている業務としましては、

上記の業務に加えて、個人コンサル、有料オンラインサロンの経営などをしております。

詳細はこちらをご覧ください。